プログラム

国際宇宙ステーション「きぼう」利用シンポジウム

第1日目(2月12日)

第1部: 「きぼう」利用から始まる価値の創造
13:00 – 18:30

基調講演

「きぼう」における研究成果と今後の展望、国際協力の重要性

若田 光一(JAXA/理事)

ステータスレポート

「きぼう」利用の中核を担う4つの柱を支える研究開発基盤

小川 志保(JAXA/きぼう利用センター長)

パネルディスカッション

健康に暮らす社会に向けた宇宙の活用 -基礎研究や民間の取組み

モデレーター
・坂田 亮太郎 (日経バイオテク/副編集長)
パネラー
・永井 良三(自治医科大学/学長 )
・山本 雅之(東北大学東北メディカル・メガバンク機構/機構長)
・細井 純一(株式会社資生堂/研究員)
・瀬原 淳子(京都大学/教授)

パネルディスカッション

宇宙を新薬設計に役立てる -基礎研究から民間利用への拡がり

モデレーター
・西島 和三(持田製薬株式会社/フェロー)
パネラー
・舛屋 圭一(ペプチドリーム株式会社/取締役副社長)
・阪本 泰光(岩手医科大学/准教授)
・善光 龍哉(日本医療研究開発機構(AMED)/調査役)
・細田 雅人 (インタープロテイン株式会社/社長)

パネルディスカッション

活動領域を広げる実践場としての宇宙空間 -民間利用の成果と事業化への取組み

モデレーター
・中道 理(日経BP総研クリーンテックラボ/上級研究員、リアル開発会議/編集長)
パネラー
・岩本 匡平(株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所)
・渕田 安浩(株式会社大林組/主任研究員)
・島村 秀樹(株式会社パスコ/社長)
・大山 洋平(三井物産株式会社 航空・交通事業部 航空事業室/室長)

ラップアップ

今後の利用推進施策および将来の展望

上森 規光(JAXA/有人宇宙技術部門事業推進部長)

第2日目(2月13日)

第2部: 国際宇宙ステーションが創る市場
10:00 – 12:00

基調講演

ISSが拓く地球低軌道(LEO)の経済 -LEO市場の創出と拡大

Mr. Jeffrey Manber(NanoRacks/CEO)

対談

LEOの技術革新が社会にもたらす価値

ファシリテーター
・登坂 淳一(フリーアナウンサー)
対談
・茂木 健一郎(脳科学者)
・岸 博幸(慶應義塾大学大学院/教授)
・山崎 直子(元JAXA宇宙飛行士)

第3部: NASA / JAXA Joint Workshop
13:00 – 15:40

対談

ISS利用の今後の展望

ファシリテーター
・筒井 史哉(JAXA/ISSプログラムマネージャー)
対談
・若田 光一(JAXA/理事)
・Mr. Willilam H. Gerstenmaier(NASA/局長)(TBD)

成果報告

JP-US OP3の取組みと今後の期待

・芝 大(JAXA/きぼう利用センター主幹)/ Dr. Frances Donovan(NASA/ARC(Space Biology))
・土井 忍(JAXA/有人宇宙技術センター主幹)/ Mr. Andres Martinez(NASA/HQ(Advanced Exploration Systems))
・小原 真司(NIMS/ELF PI) / Dr. Doug Matson(ELF PI)

基調講演

米国における商業利用の現状

Mr. Sam Scimemi(NASA/ISS Director)/Ms. Marybeth Edeen(NASA/OZ Manager)

基調講演

米国のISS利用の現状と今後の展望

Mr. Sam Scimemi(NASA/ISS Director)/Ms. Marybeth Edeen(NASA/OZ Manager)

第4部: 地球低軌道活動の発展に向けた今後の期待と展望
16:10 – 18:00

パネルディスカッション

2025年以降の地球低軌道活動への期待ー民間の視点から

モデレーター
・横山 哲朗(有人宇宙システム株式会社(JAMSS)/元 JAXA ISSプログラムマネージャー)
パネラー
・Mr. Andrew Rush(Made In Space, Inc./CEO)
・Mr. John Vellinger(Techshot, Inc./CEO)
・Mr. Mike Lewis(NanoRacks/Chief Innovation Officer)
・Dr. Per Christian Steimle (Airbus/Bartolomeoプロジェクトマネージャー)
・永崎 将利(Space BD株式会社/CEO)

※プログラムの内容は変更となることがあります

Top