開催趣旨

有人宇宙施設である国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟において、JAXAは、タンパク質結晶生成実験や超小型衛星放出などで利用料金を設定し、広く民間や大学に利用いただけるように取り組んできました。さらなる「きぼう」利用への理解と利用促進を目的として、今年も「きぼう」を利用された企業や大学等の利用者に、進捗や成果、展望などをご発表いただく機会として"「きぼう」利用シンポジウム"を開催します。

1日目は「きぼう」利用のこれまでの成果のご紹介と今後の展望について、2日目は、国際宇宙ステーションが創出する「市場」や、日本(JAXA)と米国(NASA)による日米協力の現状と今後の展望、それらを踏まえた未来への展望を考える企画となっています。詳細はプログラムをご覧ください。

みなさまのご参加をお待ちしております。

概要

開催日date

平成31年2月12日(火)- 13日(水)
参加費無料
12日 13時〜
  • 「きぼう」利用から始まる価値の創造
13日 10時〜
  • 国際宇宙ステーションが創出する市場
  • NASA/JAXA Joint Workshop
  • 地球低軌道活動の発展に向けた今後の期待と展望

場 所venue

Link-J 日本橋ライフサイエンスハブ
室町ちばぎん三井ビルディング8階
(COREDO室町3)
  • 東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より直結 JR総武線快速「新日本橋」駅より直結
  • JR山手線・京浜東北線・中央快速線「神田」駅南口より徒歩9分
  • JR山手線・京浜東北線・中央快速線「東京」駅日本橋口より徒歩9分

展 示Exhibition

サブスペースを使った展示を実施

きぼうの実験装置などの模型、ポスターパネル、各種PR映像など。

主 催organizer

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
Top